アクリル板が世界を便利にする【日常の製品から安全性を高める】

重なった金属板

金型と大量生産

メンズ

金型は金属製で出来ている型の事を指します。部品加工を行なう際によく利用されていて、大量生産を行なうのに適しています。金型を利用することによって同じ部品を早く大量に生産する事が出来るのです。

製品作成とエコ

女の人

プラスチックは非常に便利な素材として知られています。タキロン株式会社はそんな優れた素材を利用して製品を作ることが出来る企業として知られていて、エコな製品作成にも力を入れています。

優れた製品

機械

ポリカボネートはドイツで1959年に成形材料とし販売し、日本でも1960年頃から製品化されポリカーボネート板が誕生しました。非常に丈夫な製品であることから様々な用途で使用されています。

アクリル製品の広がり

沢山の工具

アクリル板の加工方法

アクリル板は、加工するにはとても便利な材料です。どのような部分が便利かというと、透明でかつ強度のある材料という部分にあります。ガラスではサイズをカットする場合専用のダイヤモンドカッターなどが必要で、危険な作業にもなる場合があります。アクリル板もカットする場合は専用のカッターを利用しますが。簡単に折ることができ加工する事ができます。着色も油性ペンなどを使用すればすきな絵柄を記入する事ができ便利です。又軽量と言うこともあり、さまざまな部材との連結などもでき、簡単な棚やケース類などの加工をして利用するこもできます。強度の面では水族館の透明な部分などにも利用されており、アクリル板は非常にいろんな分野で利用できる材料です。

加工してできる玩具を作る

アクリル板は、強度もありいろいろなものに加工できる材料です。子供の教育の材料としてもアクリル板はおもしろい素材にになります。大人の方は、子供のころ経験されたかもしれませんが、アクリル板をしようしたキーホルダーを作られた事はあると思います。作り方はかんたんで、アクリル板に油性ペンですきな文字や絵を記入し食材などを調理する、オーブントースターで熱し冷まして出来あがるキーホルダーです。子供ながらすごい仕組みだと思われた方も沢山いらっしゃると思います。アクリル板のキーホルダーは形は小さくなりますが、熱する前に比べさらに強度が強くなり子供のアクセサリーにしてはかなり面白い素材になります。アクリル板は棚等にも利用できますが、子供の玩具にもなります。