アクリル板が世界を便利にする【日常の製品から安全性を高める】

作業員

金型と大量生産

メンズ

金型を利用する利点について

金型とは主に工業製品の部品加工をする時に利用されます。金属製やプラスチック製の部品加工をするには、材料を削って製品を加工することもできますが、それだと1つ1つ加工するのに時間が掛ってしまいます。1点ものならば、それでも問題ありませんが、大量に作ろうと考えると途方もない作業になってしまいます。したがって、切削による部品加工は量産には向いていません。一方、金型を利用すると、同じ形の製品をいくつも作ることができるので、金型自体が高額だったとしても、結果的に低コストで大量に部品を生産することができます。しかも、金型の管理さえ怠らなければ、品質を一定に保つことができ、長期にわたって利用できるという利点があります。

材料により方式が異なる

量産の部品加工を依頼したいと考えたら、金型を専門に扱っている業者へ依頼することをおすすめします。ひとくくりに金型と言っても、扱う材料や加工方法によってまったく違ってくるので、どのような製品を作りたいかによって、依頼する金型屋さんを選択する必要があります。金型の部品加工には、大きく分けて2種類の方法があります。1つめは、プレス金型で代表されるダイ方式です。ダイ方式は主に金属の加工に優れています。もう1つの方法は、プラスチック用射出成形型に代表されるモールド方式です。モールド方式は、プラスチックやゴムなどの比較的柔らかい材料に使用されます。それぞれの方法で得意とする金型屋さんは異なります。依頼する前に扱うものについて相談することをおすすめします。