アクリル板が世界を便利にする【日常の製品から安全性を高める】

作業員

優れた製品

機械

ポリカーボネート板はガラスの200倍の強度があります

ポリカーボネート板は、ガラスやアクリルなどに比べて割れやヒビに非常に強く、透明度もガラスが90%に比べ89%と遜色がありません、耐衝撃強度に至ってはガラスの200倍、耐熱温度は130度、燃焼性は自己消火性、比重は1.2と優れた特徴を多く持っています。ポリカーボネート板の量産による価格の低下もあり、現在では防弾ガラスや盾から、バルコニーの幕板、トップライト、波板、風防と至るところで使用されるようになっています。今後、ガラスに比べて比重が半分で衝撃性が200倍ある特徴を利用して、耐候性と耐擦傷をハードコート付加なしで備えさせることで、自動車の軽量化にフロントガラスなどにも使用され始め、ますますポリカーボネート板の利用用途が広がりつつあります。

使用方法を注意することで、優れてた特徴を最大限に利用できます

ポリカーボネート板は多くの優れた特徴を持っていますが、短所もあります。短所として剛性が低い、膨張係数が大きい、アルカリ・有機溶媒に弱い、応力亀裂を起こしやすい、傷がつきやすいなどが挙げられます。しかし、ポリカーボネート板の短所を良く理解して使用することでポリカーボネート板の優れた点を最大限に利用できます。例えば、荷重の掛かる場所に使用するならば破壊強度でなく、たわみ量に対しての計算をして下地を考慮すればよく、また、接着剤、コーキング剤にはポリカーボネート板に使用できる材料を使用し、コンクリートには直接触れないように注意し、窓などに使用する時はのみ込み代を十分に取る。このように使用方法を注意することでポリカーボネート板の優れた特徴を十分に活かす事ができるようになります。